左の数字は評価、最高10・・・最低1。 ○映画の感想と個人的評価

←BACK

No.150 “サハラ” (2006/1/26) 主演:マシュー・マコノヒー
7 遂に映画の感想も150本目に突入ですよ( ´∀`)。
全然予備知識無しで見たんですが、結構楽しめました、ハイ(・∀・)。
それにしても、主人公がマシュー・マコノヒーだったとはっ(゚∀゚ )。
とても「サラマンダー」のスキンヘッドの人と同一人物とは思えませんでした(笑)。
不満は、ちょっとしたシーンの映像がスムーズに繋がらなかった って事かな。
「え?さっきそっちへ行ったのに、なんでもーココに居るの?」みたいな感じと言えば判るかしら。
説明的な映像だから必要無いのかもしんないけど、
ワシはその部分の映像が欲しいな〜 と思いますた(・∀・)。



No.149 “ブレイド3” (2006/1/24) 主演:ウェズリー・スナイプス
5 やっぱ最初の「ブレイド」が一番カコ良かっただすなぁ・・・。
敵のボスの姿が、プレデターとバイオハザードを足して2で割ったよーな奴でした(;゚д゚)。
ラストシーンも微妙だし・・・(・ω・` )。
やっぱ期待し過ぎはダメですな(´Д`;)。



No.148 “宇宙戦争” (2006/1/14) 主演:トム・クルーズ
7 人間が次々に消滅していくシーンで爽快感を感じてしまったよ(爆)。
宇宙人のデザインが好きじゃないな〜(笑)。
あと、子供の叫び声にムカついてました(;゚д゚)。
ラストも盛り上がること無く、ハァ?・・・( ゚д゚)ポカーン な終わり方で、
不完全燃焼でしたわ(´Д`;)。



No.147 “アナコンダ2” (2006/1/13) 主演:ジョニー・メスナー
6 そんなに期待せずに見たけど結構面白かったっすよ。
でも、前作の様なインパクトは無いかな〜・・・(・ω・` )。
どーしても「トレマーズ」を思い出してしまう(笑)。



No.146 “ホステージ” (2006/1/12) 主演:ブルース・ウィルス
5 お〜、なんかブルース・ウィルス見るの久しぶりだわ〜(笑)。
映画館で予告編を見た時には、めっちゃ面白そうっ! て思った作品っす。
ストーリー的には面白いと思うんですが、
どーもカメラワークというか、所々に入るスローの表現が気に入らんかったっす(;´Д`)。
ブルース・ウィルスは、やっぱ「ダイ・ハード」ですな、うん(・∀・)。



No.145 “バットマン ビギンズ” (2006/1/9) 主演:クリスチャン・ベール
9 バットマンシリーズって初めて見たんですが、
コレかなり好みです、ハイ(・∀・)。
一人の男が、だんだんとバットマンになって行く過程がワシ的にツボ☆
「次は何を作って身に付けるんだろう?」ってな感じでワクワクしますた。
コウモリ型の手裏剣みたいなやつを自分で作ってるのは笑えましたな。
ラストを見る限りでは、続編がありそーなので期待大です(´Д`*)ハァハァ。
クリスチャン・ベール(・∀・)イイッ!



No.144 “シャーク・テイル” (2006/1/8) 主演:オスカー
7 話は結構好きなんだけど・・・とりあえずキャラの顔がキモい(笑)。
日本だと、こーゆー絵は人気出ないと思うっす(´Д`;)。
主人公のオスカーなんて、ウィル・スミスそのものぢゃん(;´Д`)。
日本語吹き替えで見たけど、
サメのボス(リノ)の声を演じた松方弘樹はハマり過ぎです(・∀・)イイッ!
絵が嫌いじゃなければお勧めの一本♪



No.143 “チキン・リトル” (2005/12/25) 主演:チキン・リトル
8 まぁストーリーは置いといて(笑)、
とにかくチキン・リトルが可愛い映画ですな(・∀・)。
でも、日本語吹き替えのあの声はどーなんだろう(´Д`;)。
開始から30分くらいで少しづつ慣れていったけど、
最初は違和感バリバリだったよ〜う(爆)。
「マダガスカル」と同じく動きで笑わせてくれる映画ですな。



No.142 “Mr. & Mrs. スミス” (2005/12/3) 主演:ブラッド・ピット
7 かなりエンタテインメントっす(笑)。
主演のブラピとアンジェリーナ・・・実はどっちもそんな好きじゃなかったりします(爆)。
でもまぁ、銃が沢山出てきて(´Д`*)ハァハァ してたので、この評価かな♪
ワシ的に、ラストが不完全燃焼って感じでした(・ω・`)ショボン。



No.141 “セルラー” (2005/10/21) 主演:キム・ベイシンガー
6 ストーリー展開はかなり面白いと思うんだけどね〜・・・(´Д`;)。
キム・ベイシンガーの肌のテカリが気になってしょーがない作品でした(笑)。
レンタルで見るぶんには申し分無い作品だと思います・・・(・∀・)ハイ。



No.140 “SAW2 ソウ2” (2005/11/3) 主演:ドニー・ウォルバーグ
9 やっぱ凄いわ、この作品。
久しぶりに映画館へ行ってきますた(・∀・)。
前作同様、ぜんっぜん気分良いラストでは無いんですが、
もの凄い勢いで映画の中に引き込まれます。
もしこの作品を見ようと思ってる人が居たら、
絶対に前作「SAW」を見てから見る事を進めます。
かなり関連性が高いです。
そして、あんなラストになるとはっ!(; ̄Д ̄)。
ルールを守れば良かったんだよね・・・。
とにかく予想不可能な映画です。
でもお勧めッス。



No.139 “24 TWENTY FOUR シーズン1” (2005/10/10) 主演:キーファー・サザーランド
10 もー サイッコーに面白いですっ(゚∀゚*)ウヒョヒョーーーーー!!!!
(映画じゃなく、海外のTVドラマなんだけど感想を書かずにはいられなかった(笑))
気分的には、★をもう1個プラスしたいくらい と言えば、
ワシの気持ちの昂りがお伝えできるかしら(笑)。
24時間の出来事を1時間づつ24話に分けてストーリーが展開していくんですが、
とにかく各話の終わり方が絶妙(´Д`*)ハァハァ。
次の展開が気になって気になってしょーがなくなるんです(;´Д`)ゼェゼェ。
あと、画面を3分割・4分割して同時刻に違う場所で起こっているシーンを見せてくれるもんだから、
判りやすさもアップし、緊張感も倍増(゚∀゚ )ドキドキワクワク。
複数の展開が、時間の経過と供に集約してくる気持ち良さ? みたいなものがあるのだ。
シーズン1は全てレンタルDVDで見たんですが、
あまりの面白さに、ソッコーで「24 トリロジーBOX」を購入(゚∀゚*)ウヒャ。
シーズン2からはマイ24(笑)で見てます♪
しかし、キムを誘拐したリックってどーなったんでしょう?(´Д`;)。



No.138 “シンデレラマン” (2005/9/25) 主演:ラッセル・クロウ
10 ワシ的にはドつぼにハマッた作品でした(TωT)ナケター。
主演は「グラディエーター」で大好きになった俳優さんであるラッセル・クロウ。
その妻役にこちらも大好きな女優さんであるレニー・ゼルウィガーですよ。
なんつーかもう、キャスト的にワシは(´Д`*)ハァハァ な訳ですよ(笑)。
感情移入もすぐでしたね〜(;´∀`)、開始30分で既に涙流してたし(つд`)ウルウル。
ラストシーンなんか涙ダーダーですよ(TдT)ハナミズ モ ダーダー。
ストーリー重視な作品だと思ってて、
ボクシングシーンにはそんなに期待はしてなかったんですが(爆)、
ファイトシーンはかなりの迫力が有り、
まるで自分がリングの上に立っているかのような錯覚さえありましたね。
家族(子供と妻)の幸せを願い、ひたむきに努力し戦う姿、
これこそ男の中の男なんだろうなぁ・・・と感じました。
家族の素晴らしさを伝えてくれる映画だと思います、お勧めです。



No.137 “香港国際警察 / NEW POLICE STORY” (2005/9/1) 主演:ジャッキー・チェン
8 いや〜、ラストのコートの話は涙出そうだったょぅ(つд`)。
ジャッキー主演映画にしては、珍しくシリアス入ってます、ハイ。
でも、所々にうま〜く笑いを散らしてあり飽きません。
そのへんの笑いを入れるツボ的なものは流石ジャッキー・チェンですな〜、うん( ´∀`)。
敵役や相棒にイケ面若手俳優がワンサカ出てます。
ハッキリ言って誰が誰だか判りません(´Д`;)。
でも、ジャッキーの相棒役(巡査1667)を演じたニコラス・ツェーはイイ味出てますた。
最終決戦の直前、
警察から出て行くチャン警部(ジャッキー・チェン)に銃を渡す人(名前がワカラン)が渋いっ。
あーゆー展開 ワシ大好き!(笑)。
あと、敵のボスを演じたタニエル・ウーは微妙に小泉孝太郎に似てるッス。
笑いアリ、涙アリ、アクションアリの3拍子揃った映画、お勧めですヨ〜(・∀・)。



No.136 “ナショナル・トレジャー” (2005/8/23) 主演:ニコラス・ケイジ
8 発売日まで一日早いけど、タマタマ行ったレンタルショップで入荷してたので、
ソッコーで借りてきちゃいました♪
こーゆー謎解き冒険活劇は大好きッス(・∀・)。
ちゃんとハッピーエンドな所も良いですな、うん。
インディ・ジョーンズの舞台が秘境なら、こちらは都会で話が進んで行きます。
親父と女性が一緒に行動するってゆーとこが「最後の聖戦」に似てましたな。
面白かったんだけど、期待してた程のドキドキワクワク感は無かったかな・・・(・ω・` )。
それにしても、ヒロインを演じたダイアン・クルーガーのスタイルが良過ぎますな(´Д`*)ハァハァ。



No.135 “マダガスカル” (2005/8/20) 主演:マーティ & アレックス
7 シマウマのマーティの声を担当したのが柳沢慎吾。
キャラ(マーティ)の顔が微妙に柳沢慎吾に似てる気がしました(笑)。
ライオンのアレックスを演じた玉木宏の声がドーも好きになれんかったなぁ・・・(;´Д`)。
お笑いのアンタッチャブルとおぎやはぎも声優してましたな( ´∀`)。
彼ら、かなりオイシイ所持ってってますヨ、うん(´ー`)。
特に良かったのがペンギンズ!!
ワシ的にかなりツボに入ったキャラ、動きが面白過ぎる(´Д`*)ハァハァ。
ストーリーで魅せるというよりも、キャラの動きで見てる人を沸かせる そんな作品でした。
周りに座ってた沢山の子供が常に笑ってたのがその証拠ですな、うん。
笑いたい時に見に行きましょう。(でも、吹き替えじゃないのも見てみたいな)



No.134 “Mr.インクレディブル” (2005/8/12) 主演:Mr.インクレディブル(ボブ・パー)
8 やっぱディズニーのアニメは(・∀・)イイッ!!
キャラの絵があんまり好きじゃないんだけど、
そんな事関係無いってくらい楽しめました♪
あ でも、空気中の水分を凍らせる事の出来る能力を持ったフロゾンは好きです( ´∀`)。
氷の上を滑る動きがカッコ良すぎるのだ(笑)。
敵のボスキャラとして出たシンドロームの声は、雨上がり決死隊の宮迫博之氏。
歌も上手けりゃ、声優も上手いですな〜(´Д`*)、かなりハマッてます。
逆に、黒木 瞳が声を担当したイラスティ・ガールが、ドーも好きになりませんでした(;´Д`)。



No.133 “フライト・オブ・フェニックス” (2005/8/12) 主演:デニス・クエイド
6 最近、デニス・クエイドが好きなんで主演作品借りてみますた(・∀・)。
ゴビ砂漠のド真ん中で不時着した輸送機・・・さぁ、どーやって生還しよう!? ってゆー話。
うーん・・・普通でした(笑)、でも最後まで飽きずに見れたし、良かったです。
飛行機製作の指揮をとったメガネをかけた奴が居るんですが(名前覚えろよ)、
中途半端な憎まれ役で終わっちゃったのが残念。
最後まで嫌な奴で居て欲しかったな(笑)。
ラスト、やっぱり希望を捨てちゃーいかんなぁ と改めて思いました、ハイ。
飛行機が好きな人は楽しめる・・・・・・カモ(爆)。



No.132 “ボーン・スプレマシー” (2005/8/10) 主演:マット・デイモン
7 ワシ的には、昨日見た「ボーン・アイデンティティー」の方が好きかな〜。
好みじゃないと書いたマリーだったけど、
あまりにもあっけない最期に、ちょっと(・ω・` )ショボン…となってしまいました。
あれは助かるんだと思ったよ(;゚д゚)。
前作(ボーン・アイデンティティー)と同じく、な〜んか地味・・・というか、寂しいんだよね(;´∀`)。
でも決して面白くない訳じゃないんすよ、うん。
そーゆー意味では、打撃音しかない戦闘シーンはリアルなのかも。
でも結局、誰が一番悪いヤツだったのか、ワシには判りませんでした(爆)。( ´∀`)σ)∀`) アタマ ワルー!



No.131 “ボーン・アイデンティティー” (2005/8/9) 主演:マット・デイモン
8 アクション的には地味だけど、結構面白かったッス♪
渋さがあります。
教授との一騎打ちはシビれました、ハイ(・∀・)。
ヒロインのマリーを演じた、フランカ・ポテンテがワシ好みじゃないので★1個ダウン(爆)。
作中に流れる音楽が微妙だったな・・・(・ω・` )。



No.130 “いま、会いにゆきます” (2005/7/31) 主演:竹内 結子
7
うーむ、これも純愛ですなぁ・・・(´ー`)。
幸せの先にある“死”を知った時、この物語の主人公の様にその道へ進む事が出来るのだろうか?
ガラにも無く、こんな事を真剣に考えてしまいましたよ(・ω・` )。
最後で、澪(竹内 結子)の日記が明らかになるんだけど、
かなり目頭が熱くなりました(TωT)ウルウル。
そーいやー、この作品がキッカケで、中村 獅童と竹内 結子が結ばれたんだよなぁ・・・。
映画を見て、「うん、これなら結ばれるヨ」と妙に納得してしまいました(笑)。



No.129 “アイランド” (2005/7/23) 主演:ユアン・マクレガー
7
アクション映画としてはかなり派手な作りで、結構楽しめました(・∀・)。
でも、いまいちストーリーの盛り上がりに欠ける気がしますわ・・・(´Д`;)。
簡単にまとめると・・・主人公が、ある施設内での単調な生活に疑問を持ち始め、その後衝撃の真実を知る。
そしてその主人公が、悪事を働こうとしている企業をぶっ潰す ってな具合かな(笑)。
うーむ、簡単に書きすぎると色んな映画に当てはまる説明文になってますな(爆)。
とりあえず、作中に出てくる乗り物がかなりカコヨカッタですわ♪
・・・ふぅ、・・・もっとバリバリのガンアクション映画を見たいですなぁ( ´∀`)。



No.128 “ICHIGEKI 一撃” (2005/7/16) 主演:スティーブン・セガール
2
なんか凄くマタ〜リしたアクション映画かな・・・。
イマイチ盛り上がりに欠けます。
セガールが好きな人でも、コレはツマらないんじゃないですかねぇ(´Д`;)。



No.128 “マイ・ボディガード” (2005/7/15) 主演:デンゼル・ワシントン
6 後半から一気に面白くなりました♪
前半はかなりマタ〜リ(´∀` )。
それ以降、デンゼル・ワシントンがカッコ良過ぎます。
でも、平気で指切断したり、肛門からプラスチック爆弾埋め込んで爆破させたりと、
ちょっと(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルな箇所もあります。
最後、もちっとハッピーな終わり方が良かったなぁ・・・。



No.127 “電車男” (2005/7/9) 主演:山田 孝之
8 これぞ“純愛”ですな〜〜〜(笑)。
掲示板の書き込みでかなりの高評価だったので、見てきますた(・∀・)。
ワシが見に行った週末は、テレビドラマの「電車男」がスタートしたせいもあってか、
ほぼ満席状態でしたね。
好きになり始めた女性への初めての電話。
どもる声、震える手、速まる鼓動・・・・・いや〜痛いほど判りますヨ、この気持ち(笑)。
2ちゃん特有の顔文字やAAが出てくるんですが、それもかなり笑えます。
ワシが特に好きなのは、やっぱ (*´Д`)ハァハァ かな(笑)。
ラストの告白シーン、「純」過ぎて涙出てきそうになりました(つд`)ウック。
ギコチナイ動きのキスシーンはかなり萌え(笑)。
中谷美紀の ホワァ〜 っとした雰囲気も、しっかりエルメスでした、ハイ。
あらすじを知らない人でもキッチリ楽しめるようになってるんで、万人にお勧めしたですな。
恋人といくと更にヨシです(笑)。



No.126 “アウト・オブ・タイム” (2005/7/8) 主演:ウェズリー・スナイプス
5 ん〜・・・・・・。
もっとウェズリー・スナイプスのスピーディーなアクションを期待して借りたんだけど、
全然そんなシーンが無くて拍子抜け〜(´Д`;)。
そんなにお勧めしません。



No.125 “パニッシャー” (2005/7/7) 主演:トム・ジェーン
9 いや〜、かなり良かったダス〜(・∀・)。
復讐に燃える、主人公:フランク・キャッスルがタマんね〜っす。
コンセプトは超ダークなのに、所々に笑いもあって、
途中にダルさが無いのも高評価の理由かな♪
フランクの奥さんと子供が死んじゃうシーンは、マッドマックスに激似。
まぁ、「愛する者を失い、復讐に燃える」というのは同じなんすけどね。
とにかくアクションシーンが爽快!
ちょっとDVDが欲しくなっちゃいましたヨ(´∀`;)。
そうそう、フランクと同じアパートに住んでたレベッカ・ローミンは顔もスタイルも超好みだす(笑)。



No.124 “炎のメモリアル” (2005/5/22) 主演:ホアキン・フェニックス
9 テレビのCMを見て、“ビビッ”ときたので見に行ってしまいました(笑)。
流した涙の量でいえば、間違いなく★5個の満点なんですが、
悲しい話なので1点減点(つд`)。
いや〜、映画館でこんなに涙流したのは何時以来でしょうか。
主人公が死を悟った時に見る走馬燈を映画化したよーな作品です。
家族愛と友情に心打たれっぱなしでしたわ(TωT)ウルウル。
やっぱアメリカ人のノリって良いな〜って思いました。
この話自体は映画のものだけど、命を救う仕事をする人って本当に尊敬します。
途中に流れる曲や歌が余計に涙を誘います。
ジョン・トラボルタもイイ味出してますわん♪



No.123 “シークレット・ウィンドウ” (2005/5/19) 主演:ジョニー・デップ
2 うーむ・・・、話の展開がな〜・・・。
ワシ的には面白くなかったッス(´Д`;)。
ジョニー・デップファンにのみお勧め って感じかしら。



No.122 “スクールウォーズ HERO” (2005/5/14) 主演:照 英
9 くぅ〜っ!ワシ こーゆー暑苦しい映画大好きですっ(笑)。
昔やってたテレビドラマの「スクールウォーズ」が大好きだったので借りてみましたが、
非常に良かったです、ハイ(・∀・)。
物語の中盤以降、号泣してました(つДT)ダー。
ただ、主題歌・・・というかエンディングテーマの「ヒーロー」を歌ってるのが、
麻倉未稀ではなく大黒摩季だったのが、(´・ω・`)ショボボン…でした。
やっぱテレビと同じ人に歌って欲しかったなぁ。



No.121 “SAW ソウ” (2005/5/13) 主演:ケアリー・エルウェズ
10 うぅ・・・、見てて全く気分良くないんだけど、
すぅぅぅぅっげぇ!!面白いです!!マジお勧め!!!
映画「CUBE」好きな人なら絶対ハマります。
ワシは全然期待せずに見始めたんですが、
最初の5分で映画の中に引き込まれました、マジで(゚∀゚;)。
全然予想もつかなかったラストに、体が震えましたね。
ただ、グロ系が苦手な人は駄目かな(´Д`;)。
久しぶりに、★5個の10点満点ッス♪



No.120 “AVP(エイリアン vs プレデター)” (2005/5/11) 主演:サナ・レイサン
8 映画館に見に行きたかったけど、結局DVDになってしまいました(´∀`;)。
プレデターファンにお勧めな映画ですな、コレは。
作中、プレデターがヒロインのサナ・レイサンに、
武器の作り方を教えてる所はチョット笑っちゃいました。
見る前の予想では、銃器を持ってるプレデターの圧勝だろう・・・、
と思ってたんですが、エイリアン数多すぎです(;゚Д゚)。
地中に下りて行くチームの中に、
「バイオハザード」に出てたコリン・サーモンが居たのが嬉しかったナ(笑)。
そーゆー意味では、ランス・ヘンリクセンが居た事も良かっただすねぇ。
しかしラストがヤバイね(笑)、絶対“2”があるじゃん コレ(´Д`;)。



No.119 “アイ,ロボット” (2005/4/23) 主演:ウィル・スミス
8 いや〜、予想以上に楽しめました、ハイ(・∀・)。
ウィル・スミスって、めちゃくそイイ体してますなぁ。
男のワシでも惚れたよ(´Д`*)ハァハァ。
ストーリー展開もワシ好み♪
久々にレンタルで当たりを借りれましたな(・∀・)。
でも、感想は少なめです(笑)。



No.118 “コラテラル” (2005/4/22) 主演:トム・クルーズ
6 トム・クルーズが冷徹な殺し屋を演じた作品。
主役はトム・クルーズだけど、
タクシー運転手役のジェイミー・フォックスの方が存在感ありましたな。
アクションというよりはサスペンスって感じ。
至近距離からためらう事無く銃を撃って人を殺せるトム・クルーズに、
ぶっちゃけ爽快感さえ感じちゃいましたよ。
ラストがもうちょっと気分良く終われれば星4つでも良かったんだけど、
なんかスッキリしないんでこの評価。



No.117 “トルク” (2005/4/15) 主演:マーティン・ヘンダーソン
5 バイクがメインなので借りてみた一本。
出てくるのがバイクばっかなので、バイクファンはタマりません(´Д`*)ハァハァ。
でも、そんなにワクワクしないですな(爆)。
映画が始まってすぐに、3台のバイクでワインディングを駆け抜けるシーンがあるんだけど、
そこが・・・ってゆーかそこだけがカッコイイです(´Д`;)。
走るシーンにCG使い過ぎです(つд`)。
極めつけは、ヘリコプター用ターボジェット・エンジンを搭載した“Y2K”。
実際に走るところを初めて見たけど、音が良過ぎますね(´Д`*)アハァ。
音だけ聞くと、ほんと航空機ですよ。「キュィィィィィン・・・・」って( ´∀`)。
それが見たい人だけ借りましょう♪(笑)。



No.116 “マッハ!!!!!!!!” (2005/4/14) 主演:トニー・ジャー
8 主人公の動きクソ速ぇ〜〜〜〜(;゚д゚)。
いや〜、見てて気分爽快です!!
スッキリしたい時に見ましょう♪
使う技がムエタイなので肘・膝が多く、派手さは無いですね。
でもそれを充分に補ってくれるスピードがあります、ハイ(・∀・)。
ワイヤーやCG無しでも、人間ってこんな動きが出来る生き物だったんですね(;´∀`)。



No.115 “ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月” (2005/3/20) 主演:レニー・ゼルウィガー
9 やっぱハッピーエンドの映画って(・∀・)イイよね〜♪
この映画の為に逆ダイエットをしたという、太目のレニーも可愛いだすなぁ( ´∀`)。
あの胸に埋もれてみたいぜ!(笑)。
まさにラブコメ(死語か!?)の王道!見てて飽きません(゚∀゚ )。
本作で、スキーが全然滑れない役を演じてるけど、実際にはかなりの腕前らしい。
レニーファンは絶対に見るべし!動きが笑えます(≧フ≦)Ω。



No.114 “バイオハザード2 アポカリプス” (2005/2/20) 主演:ミラ・ジョヴォビィッチ
5 ん、前作の方が面白かったなぁ・・・(・ω・`)。
アリス強くなりすぎです(´Д`;)。
でも、ゲームの格好そのまんまで出てくるジル・バレンタインは萌え♪(´Д`*)ハァハァ。
原作(ゲーム)からの反映率で言えば、今回の2の方が遥かに上回ってます(笑)。
そーゆー意味でも、バイオファン以外にはあまりお勧め出来ないカモ(つд`)。
さて・・・、「3」は何時出るのかな?(゚∀゚)。



No.113 “メダリオン” (2005/1/30) 主演:ジャッキー・チェン
6 ジャッキー作品めっちゃ久しぶりに見たけど、相変わらず鼻デカイね(笑)。
なんか、香港に居た時の作品の方が面白いと思う、うん。
ストーリーは別に普通(爆)、可もなく不可もなくって感じ。
ギャグ部分が結構面白くて、かなり笑って見てしまいました( ´∀`)。
ジャッキー主演映画だと、ワシは「奇蹟 -ミラクル-」が好きかな♪
スタッフロールの時、ジャッキー映画お決まりのNGシーンが出たので嬉しかったっす(゚∀゚)。



No.112 “アンダーワールド” (2005/1/25) 主演:ケイト・ベッキンセール
7 ヒロインのケイト・ベッキンセール (・∀・)イイ〜〜〜〜〜!!!!!
特におでこがっ(笑)。
ワシの大好きなアリゼに通じるところがありますな(´Д`*)ハァハァ。
顔は微妙にニコール・キッドマンに似てる気がする。
外国人の女優さんをこんなに気に入ったのは、レニー・ゼルウィガー以来ですな。
レンタルショップで、パッケージを見ただけで衝動借り(爆)。
内容は、“吸血鬼 vs 狼男”という結構アホらしいもの(;´∀`)。
でも、アクションや映像美がそれを充分に補ってくれてます、ハイ。
全身ブラックレザーで身を包んだヒロインのセリーン(ケイト・ベッキンセール)がとにかくカコ(・∀・)イイ!
ロングコートを靡かせて身を翻すシーンなんか、ジョン・ウーも真っ青ですがな(´Д`;)。
出てくる武器の描写もかなりマニアック(笑)。
ワシみたいに銃が好きな人間にはたまりません(´Д`*)アヘアヘ。
・・・にしても、見た目はモロに「マトリックス」のトリニティと被りますな(爆)。



No.111 “キル・ビル Vol.2” (2005/1/25) 主演:ユマ・サーマン
3 Vol.1の方がバカバカしくて好きです。
どーも、ユマ・サーマンは好きになれんな(´Д`;)。
キル・ビル Vol.1を見ちゃって、ラストを知りたい人のみ借りましょう(爆)。
Vol.2は、全然日本刀が活躍しなかったなぁ・・・(・ω・` )。
最後の必殺技は、「五点掌爆心拳」!!!!(爆笑)。
なんでも、人間の五つのツボを突き心臓を破裂させる技らしい(´Д`;)。
ヲイヲイ、ラストは北○の拳かよっ! オアッタァ!(#゚Д゚)⊃)∀´)ヒデブッ



No.110 “ザ・ボディガード” (2005/1/17) 主演:シルベスタ・スタローン
5 ギャグ映画ですかぃ?(`Д´;≡;`Д´)??
主演がスタローンという事で借りた一本。
レンタルショップでパッケージだけ見て借りたんで、予備知識は一切無し。
ケビン・コスナー主演の「ボディガード」みたいに泣ける映画なのかな〜と期待してたんですが、
・・・笑える映画でした(;´∀`)。
スタローンファン以外には勧められない映画ですな(爆)。
でも、笑えるシーンは普通に笑って見てしまったので、ソコソコ楽しかったっすヨ(・∀・)。



No.109 “ナイトメアー・ビフォア・クリスマス” (2005/1/5) 主演:ジャック
4 なんか気になってDVDを借りてしまいますた(;´∀`)。
人形のストップモーションアニメっす。
ストーリー・キャラクター原案・製作はティム・バートン。
ワシは監督までティム・バートンかと思ってたら、違ってました(爆)。
監督はヘンリー・セリックという人。<ジャイアント・ピーチもこの人ネ♪
動き(人形のアニメーション)は凄く面白くて良く出来てるなぁ って関心したけど、
ストーリー的には別に感動する事もなく、アレ?もう終わっちゃったの?(`Д´≡;`Д´)??ってな感じでした。
ティム・バートンと言えば、やっぱ「シザーハンズ」やね、うん( ´∀`)。



No.108 “カンフーハッスル” (2005/1/1) 主演:チャウ・シンチー
9 もーサイコーに面白レ━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━!!!!
やっぱワイヤーアクションは、ギャグに使ってこそ真価を発揮するものだよ、うん。
カンフーでの対決シーンも、スピード感があって気分爽快だし、
色んな箇所に細かく出てくる笑いが、ワシ的にかなりツボ(*´д`)アハァ。
で、最期までギャグアクションを貫くのかなぁ と思ってると、
しっかりとラブロマンス(結構無理矢理だけど(爆))もあり、
ラストシーンもかなりイイ感じです☆
出てくるキャストは、「少林サッカー」で見た顔ばかり(笑)。
敵のボスは、ブルース・リーの真似をしていたキーパーの人でしたヨ。
ここまで褒めて、何故に星が満点じゃないのかと言うと、
人を殴ったり切ったりするシーンがあまりにも痛々し過ぎたので1点減点となりました。
それでも面白い事に変わりは無いので、絶対オススメです。
もし例えるなら、カンフーアニメが実写になっちゃた♪・・・って感じかな(笑)。



No.107 “シュレック2” (2004/12/26) 主演:シュレック
5 ん〜、面白さでは前作の方が上かな〜( ´∀`)。
DVDレンタルで借りてみました♪
キャラがキモくて全然感情移入出来ないんだけど(爆)、
やっぱ普通に面白いですなこのシリーズは(・∀・)。
作中で魔法使いのばあちゃんが「ヒーロー」を歌うシーンがあるんだけど、
この選曲日本じゃぁ失敗だよね〜(´Д`;)。
本来は「フットルース」ってゆー映画の中で出てきた歌なんだけど、
日本だとどーしても「スクールウォーズ」の主題歌ってゆーイメージが定着しちゃってて、
曲が流れた瞬間笑ってしまったよ(;´∀`)。
前作同様、細かい芸で笑わす箇所が多くて常にクスクス笑って見れる映画ですな。
ワシが気に入ったのは、ピノキオが「ミッション:インポッシブル」のテーマ曲に合わせて、
映画の1シーンをパロッた所かな☆
あと、ピノキオがTバック穿いてたっつーのもツボでした(゚∀゚;)。



No.106 “ターミナル” (2004/12/04) 主演:トム・ハンクス
3 また予告編に騙されたょぅ(つд`)。
前回映画館で見た「ポーラー・エクスプレス」の上映前に流れた予告編で、
この「ターミナル」がめっちゃ感動出来そうじゃーん!と思って公開初日に見に行ったんですが、
(;゚Д゚)ハァ? な感じで終わってしまいますた(爆)。
予告編を見てワシがイメージしたのは、
国籍を失いパスポートも無効になり、アメリカに入国出来なくなった男が、
いかにして空港で生き延びていくか・・・みたいなストーリーだと思い、
もっとこー「次はどーなるんだろーーーーー!!!???」って話を期待してたんですが、
物語はかなりのマタ〜リ進行(・ω・` )。
別に最後が凄い盛り上がりを見せる訳でもなく、そのままのテンションで終了・・・(TωT)。
見てるのが非常に辛い映画でした(´Д`;)。
これなら「エイリアンVSプレデター」の方がドキドキ(・∀・)ワクワク出来て良かったカモ(爆)。



No.105 “ポーラー・エクスプレス(日本語吹替版)” (2004/12/04) 主演:唐沢寿明(声優)
8 いや〜、あんまり過大な期待をせずに見たんですが、思いもかけず感動して涙流しちまったヨ(つд`)。
原作はクリス・ヴァン・オールズバーグという人が書いた絵本の「THE POLAR EXPRESS(邦題:急行北極号)」。
小学3〜4年生くらいの、サンタクロースの存在に疑いを持ち始めた男の子が主人公。
全編通して、「信じる心の大切さ」を説く内容ですた。
その単純なコンセプトが故に、ワシも涙を流してしまったのではないかと思いますね(TωT)。
フル3DCGのアニメーションなんですが、とにかく動きが凄かったっす(・∀・)。
カメラワークも抜群で、本当にジェットコースターへ乗ってる様な臨場感も味わえます☆
ちょっと(・ω・` )ショボン だったのは、日本語吹替版の為、
作中で男の子と女の子が歌うシーンで感情移入出来なかった点かな(;´Д`)。
あそこが英語だったら★5個で満点だったカモ。
同じ理由で、ホットココアが出てくるミュージカルみたいな部分も英語で見たかったかなぁ。
でも結果的に感動して涙まで流したのでヨシとします(笑)。



No.104 “トロイ” (2004/11/20) 主演:ブラッド・ピット
7 アキレス(ブラッド・ピット)よりヘクトル(エリック・バナ)の方が好きだす(・∀・)。
パリス(オーランド・ブルーム)が命乞いするところは見たくなかったよ(つд`)。
自分から挑んだ勝負なんだから、潔く死ねよって感じでした。
映画の最後の方で、アキレス腱の由来が判ります(笑)。
やっぱトロイの木馬は燃やすべきでしたな、うん。
それにしても、ブラピの肉体は男のワシが見ても(´Д`*)ハァハァ しますなぁ(笑)。



No.103 “21g” (2004/11/19) 主演:ショーン・ペン
1 もっと涙ダーダー流れる映画と思って借りたんだけどなぁ・・・(´Д`;)。
レンタルショップでパッケージの裏面を見て、
「うおっ!コレ感動出来そうじゃんっ」と思って借りてみたんですが、
全然ダメ・・・最後まで見るのが辛かったです(TωT)。
ハッキリ言ってお勧めしません、ハイ(つд`)。
タイトルも訳判んねーっすヽ(`Д´;)ノ ウヒィィィィィ!!!



No.102 “ジョニー・イングリッシュ” (2004/10/09) 主演:ローワン・アトキンソン
8 何も期待せずに借りた一本だったんですが、かなり笑わせてもらいました。
ワシはDVDを借りたので、字幕・吹替を自由に選べた訳ですが、
もしビデオで借りるなら絶対に吹替をお勧めします☆
主演は「Mr.ビーン」のローワン・アトキンソン。
そして日本語の吹替役がDonDokoDonのぐっさんこと山口智充氏なのです(・∀・)。
本来ならストーリーに合わせたギャグをセリフにするんでしょーが、コレは違います。
普通にぐっさんの持ちネタで笑わせてくれるのです(゚∀゚)。
居間のテレビで、親父とお袋とワシの3人で見たんですが、しっかりと全員爆笑♪
久しぶりにレンタルした映画で笑いましたね。
以前ワシは、生理的にローワン・アトキンソンの顔が好きになれんかったのですが、
それを通り越して笑える映画ですた(・∀・)。



No.101 “タイムライン” (2004/10/04) 主演:ポール・ウォーカー
7 DVDレンタルで「タイムライン」見てみますた(・∀・)。
やっぱ予告編って凄く良く出来てるな〜と、改めて関心しました(爆)。
いや、まぁ、面白くない訳じゃないんですが、
なんかこー、見ててワクワクドキドキしてこないんですよね(・ω・` )。
舞台は14世紀のフランスなんですが、ワシがこーゆー時代モノを好きじゃないのが
要因かと思われます、ハイ(つд`)。
ほんと、フツーの作品でした、以上っ(笑)。


↑ TOP ↑