■ Harley−Davidson XL1200S (2008年11月22日 シックデザインのスポーツシールド等を装着☆)


ふぅ・・・、もんの凄ぇ久しぶりの更新です(笑)。
(奥さんの監視が厳しいもので(笑))
シックデザインのスポーツシールドを
装着しました♪(・∀・)ツケチャッタヨ。

シールドを付けるキッカケは、
スポスタにETCを装着しようと思った時。
「やっぱ高速巡航には、シールド欲しいよネ」
と思い立ち、そんな物欲が湧き上がったら
ブレーキ効かないのがワシ(爆)。
ネットを使って、スポスタに装着可能な
シールドを探しまくりました。
最初は、ハーレー純正のスポーツウィンドシールドが
第一候補だったんですが、シールドのサイズや角度が
どーも好きになれなかったんです(・ω・`)。
そこから更に探して見つけたのが、
このシックデザインのスポーツシールドっす☆
シールドの角度・サイズ・デザイン、
どれをとってもワシの好みにストライクですよ♪
純正と違って取り付けが複雑そうだったので、
いつもカスタムを依頼する
焼津のMPカワイさんに持ち込み。
2日預けて取り付け完了。
ショップまでバイクを取りに行き、
家までの帰路を走った感想・・・サイコー(´Д`*)アヘ。
まず、上半身に当たる風が超マイルドなんで、
11月下旬の夕方だというのに寒くない。
これなら時速100キロ巡航も苦では無いでしょう。
性能については全く申し分ないものです。
あと、予想外に良かったのが視覚効果。
シールドの下端がヘッドライトに
被っているせいだろーけど、
夜に走るとシールド全体がモワ〜っと明るくなって、
メーター周りの雰囲気が超イイ感じなのだ(・∀・)。
これは嬉しい誤算でしたね。
シールドの価格が結構するけど、
その価値のある製品ですわ、うん。
あぁ〜〜、早くETC装着して
高速走りてぇ〜♪(≧フ≦)Ω。

半年くらい前に替えた箇所ですが、ご紹介です(笑)。
マフラーをサンダンスのボマーから、
バンス&ハインズのプロパイプに交換してます(・∀・)。
初の2in1マフラーです。
なんでボマーから替えたのか、
理由は・・・なんでしょう?(爆)。
ワシもハッキリ覚えておりません(笑)。
とにかくその時は、バンスに交換したくてしたくて
しょうがなかったんでしょう(笑)。

流石アメリカのメーカー、メッキは非常に綺麗です。
あと、エキパイ部分が全て
ヒートガードでカバーされているので、
火傷したりズボンの裾を焦がす事も無いでしょう。
音は・・・一言で言えば「デカイ」です(´Д`;)。
朝晩の暖気には気を遣います、ハイ。
でも一度走り出してスロットルを捻れば、
そんな気遣いを忘れてしまうくらい
気持ちイイ排気音を奏でてくれます♪
どちらかと言えば
見た目重視で選んだマフラーだけど、
音の方も非常に満足のいくモノです。
やっぱバイクは音が重要だよ、うん(´ー`)。

製品のインプレとは関係ないけど、
バンスのロゴを勝手に作って、
オイルタンクに貼ってあります(・∀・)。
かなりのお気に入りステッカーです(笑)。


あと一つ、交換したパーツがあるのでご紹介♪
フェンダーレールのカバーを
黒からメッキのものに交換しました。
ノーマルのカバーは、
黒の塗装が所々ハゲてきてたので、
ヤフオクで安く出てたメッキのカバーを落札して、
シールド装着時に合わせて交換してもらいました。
大きい変化は無いですが、
ワシは大満足です(笑)。


■ Harley−Davidson XL1200S (2006年9月16日 PLOT(ベルファスト)のオイルクーラー他 色々を装着☆)

見た目のカッコ良さと、
比較的に購入しやすい価格、
でもって夏場のオーバーヒート対策として、
ベルファスト製のオイルクーラーを付けました。

オイルキャップに太ももが当たった時に、
「熱っ」と感じる事が無くなったので、
かなり油温の上昇は抑えられてると思います。

見た目の雰囲気はワシ的に最高♪(*´∀`)。
車体右側から見た時のスタイルは、
まるで最初から装着されていたかのような
スマートなルックスとなっております。
でも、車体左側から見ると、
バッテリーとエンジンの隙間から
ホースがビヨ〜ンと伸びていて、
後から取って付けた感が非常に高いです(爆)。
(他にホースを通す所なんて無いんで
しょうがないんですが・・・(・ω・` )ショボン)
まぁ走行に支障は無いのでヨシとしますわ(笑)。

ハーレー純正のオイルクーラーに比らべれば
相当安いので、「買って損はナシ」です
・・・今のとこ(笑)。

メーターケースを、
クロームメッキバージョンに交換しますた(・∀・)
目立つ場所なんで、
メッキパーツへの交換の効果は高いですな♪
ヘッドライト上部のカバーだけが黒いパーツで
取り残された感がありますが、
それもポイントとゆー事で(笑)。

それでも、メーターケースだけピカピカにするのは
チト寂しかったんで、
ハンドルのライザーとクランプも一緒に、
メッキの物へ交換しますた(・∀・)。
ノーマルの黒いヤツも
レーシーで結構好きだったんですが、
こいつだと走行中に空の青が写り込むのが
気分イイんですよね♪

パッ見では全く気づかれない箇所ですが、
プラグコード&プラグをスクリーミンイーグル製に
交換しちゃいますた☆(・∀・)。
コードの色を赤とかオレンジにする人が
多いと思うんですが、ワシ的には
コードってあんまり目立ってほしくないので、
黒ベースにオレンジロゴの
渋いコードにしときました♪
それもポイントとゆー事で(笑)。

今回イジッた箇所で、
最も効果が体感しづらいカスタムかな〜
…と思っていたんですが、意外や意外
アクセルのレスポンスが
物凄く良くなりました、ハイ(・∀・)。
スクリーミンイーグルの名前は伊達じゃないですな。

で、上のスクリーミンイーグルのパーツ2点にちなんで、
タイマーカバーをこんなんにしてみました♪(´Д`*)エヘ。
これこそ見た目だけのパーツです(笑)。
あえて感想を言うのであれば、
エンジンパーツに黒い箇所ができたんで、
ほんのりと引き締まった感じになったかな〜 くらい(爆)。
まぁ、ワシはこの鷲マークが大好きなんでそれでイイのだ(笑)。


■ Harley−Davidson XL1200S (2006年1月20日 キジマのブレーキペダルカバーを装着してみた☆)

スポーツスターのリアブレーキペダルって、実はかなり踏み辛かったりするんだよね(´Д`;)。 足がそんなに大きくない人(ワシを含む)は、ブレーキペダルが凄く遠いのだ。 車体は物凄くスリムでコンパクトなイメージなのに、変なトコロはキッチリとアメリカンサイズなのよ(TωT)。 で、何か良いパーツ無いかな〜とネットで物色してましたら・・・、ありました☆ ブレーキペダルに被せるだけのお手軽パーツが!(笑)。 ネットで注文し、届いたパーツを早速取り付けてみた。
・・・・・でかっ!!!(;゚д゚)
とりあえずデカイ、どー見てもデカイ、踏んでみてもやっぱデカイ(笑)。 でも、かなりイイサイズ♪(爆)。 横への拡大率は文句無し。 欲を言えば手前方向へもっと大きければ(・∀・)イイッ!って感じ。 とりあえずコレで、ブレーキペダルを踏んだ時に、「ズルッ」と踏み外す事はなくなりそーですわ。 ちなみに、プレートとボルトで止まっているだけなので取り付けはメチャ簡単っす。 裏面は「こんな」感じダス。
とりあえず、スポスタカスタムもコレで一段落かな〜♪ 次イジるとしたら、 タイヤ交換に合わせてフォークブーツを履かせたいって事くらいかな(´∀`)。 でもタイヤの溝はまだかなり残ってるから何時になる事やら〜(・ω・`)ショボボン。


■ Harley−Davidson XL1200S (2005年11月13日 モーターステージのXLHタンクへの交換他 色々☆)

スポーツスター系の雑誌を眺めるたび、必ず目に入って来るスモールタンクを装着したスポーツスター。 最初は、「ちょっと良いカモ」と思うくらいで自分も装着しようとは思わなかったんですが、 いつの間にやら「スモールタンクってめちゃカコ(・∀・)イイ!」に変わってしまいました(笑)。 そして、そーゆー思いになったらブレーキ効かないのがワシ(爆)。 ソッコーでショップへスモールタンクの注文をしちゃいました( ̄∇ ̄;)。
スモールタンクに交換するにあたって、まず悩んだのが“純正パーツ”にするか“社外パーツ”にするかってコト。 純正って言っても新品だとバカ高いので(´Д`;)、当然ながらヤフオクで物色。 結構数は出てくるんだけど、人気があるのですぐに値段が跳ね上がる(つД`)。 結局純正への拘りは捨てて、「同じ価格で新品を買えるんだからイイぢゃん」と無理矢理自分を納得させ、 モーターステージ製のXLHタンクに決めますた(・∀・)。
次にワシを悩ませたのは、タンクに何を付けるか? ってコト。 スポーツスター系の雑誌を見ると、昔のスポスタのデカールだったり、 立体エンブレムだったり、その人オリジナルのロゴだったりホント色々なパターンがあります。 ワシも最初は雑誌に載ってる物と同じ、昔のハーレーに付いてた立体エンブレムを付けようと思っていました。 ・・・でも、それじゃぁ面白くない(笑)。←このへんはRFのカスタムと一緒(爆)  で、何にしようか悩みながらバイク雑誌を眺めていた時、 ふと目に留まったのが何故かH−Dファットボーイのタンクデカールだったのです( ´∀`)。 鳥が羽を広げたような全体のシルエット、スポーツっぽくないデザイン、 渋いカラー、中心の☆マーク・・・この辺りが決め手となり、このデカールにケッテー(´∀`*)。 あとはショップへ注文し、ペイントからタンクの交換まで全部ショップにお任せ〜♪(笑)。 そしてこの日メデタク完成となった訳であります(・∀・)。
そうそう、ファットボーイデカールのデザインとタンクキャップに貼り付ける「七宝メダリオン」がソックリだったので、 それも合わせて付けてもらいました。 なんか「お揃い♪」って感じで、満足度200%アップです(笑)。

←タンク右側を大きい画像で見たい時はコチラ



バイク全体を大きい画像で見たい時はコチラ→

他にもイジッた箇所があるので紹介〜♪
ナンバーのステーをレイダウンタイプにしてみました。
キャリアを装着した時は、
垂直に立ったナンバーとフェンダーとで生じる、
三角形のスペースにツールバッグでも挟みこんで
工具でも入れよーかな〜 と思ってたんですが、
そのスペースに入る様なツールバッグが無く(TДT)、
じゃぁこんなトコにスペースあってもショウガナイぢゃん
となり(爆)、ナンバーを傾ける様にしました。
スポーツスターのリアスタイルを
スポーティーに演出してくれるのが
このレイダウンステーの役割なんですが、
マイスポスタの場合キャリアを装着しちゃってるので、
その効果はかなり微妙・・・(´Д`;)。
まぁリアのイメージがちょっと変わったから
それでヨシとするのだ(笑)。

信号待ちで足を地面に下ろす。
右太ももの内側に衝撃が走る(爆)。
とにかくノーマルのオイルキャップはメチャ熱い。
何か良い対策パーツは無いかなぁと物色したら、
見つけちゃいました☆
トランプサイクルの「オイルキャップゲージ」。
特殊削り出し素材のブラックに(´Д`*)ハァハァ。
使った感じ、多少熱は感じるものの
ノーマルの時の様に「熱っ!!」と
とっさに足を上げる様な事は無く、
効果は体感出来ました(・∀・)。
コレはお勧めですね☆

実はシートも交換してあるのでご紹介(笑)。

このページの下の方に書いてある通り、
4月にデイトナのCOZYシートに交換してます。
スーパーウレタンが生む、
ムッチリとしたシートの感触は
ナカナカに良かったんですが、
スタート時の加速Gを支えてくれる
ケツのサポートが無いのが不満でした。
その後、シートをノーマルに戻して
最近まで乗っていたんですが、
ヤッパもっとケツのサポートが欲すぃっ!!
って事でライダー側とタンデム側で
高低差の大きいシートを探し、
キジマ製の
「タンデムシート(リブタイプ)」
に交換しますた(・∀・)。
座面が小さめなので、
ノーマルやCOZYシートと比べちゃうと、
ケツの収まり感的なものは劣ります。
でも右の画像を見ても判る通り、
シートの段差が非常に大きいので、
不満だった後ろ方向へのケツのサポート性は
非常に満足しております、ハイ(・∀・)。
あと、シート自体が結構細めに出来ているので、
足つき性が向上しました♪
足つき性に不満があった訳じゃないけど、
停止時の安心感が増加したって事で
ヨシとしますわ(笑)。


■ Harley−Davidson XL1200S (2005年9月9日 モーターステージのVスピードBPM、IKON7610等 色々装着♪)

いつもハーレーのカスタムを依頼するショップへ、モーターステージのマフラー(VスピードBPM)を注文してから約1ヶ月。 ショップから待ちに待ったマフラー入荷の知らせ☆( ´∀`)。 次の日ソッコーでバイクを預けに行き、5日後 仕事の昼休みを使って(爆)バイクを取りに行ってきますた(・∀・)。 そして、戻ってきたmyスポスタの全体像が上の画像♪ パッと見 ピカピカパーツが増えて、なんか“ハーレー”っぽくなりましたな( ̄∇ ̄;)。 これで小まめに磨いてやらにゃーいかんくなりました(´Д`;)。 ・・・でもまぁ ピカピカは好きだからイイのだ(笑)。

左の画像が、納品まで1ヶ月待った(´Д`;)、
モーターステージ製 VスピードBPM (メッキ/バフ)。
右側2本出しで、適度に跳ね上がった
メガホンタイプのサイレンサー。
結構長めの造りなんで、
かなり迫力あります、ハイ(・∀・)。
だから音はトンデモナイ爆音か〜? と
少々心配したんですが、
いや〜 どーしてどーして、
ワシ的には煩過ぎず静か過ぎずで、
まさにベストチョイス!って感じですわ(´∀` )。
アイドリング時は、
ノーマルよりもちょっと大きいかな〜と感じるくらい。
でも2500rpmあたりからめっちゃイイ音に変わります♪
…う〜む、このマフラーだとついつい回しちゃうから、
今後燃費が落ちるカモ〜(゚Д゚;)。

リアサスも交換してもらいますた(・∀・)。
サスメーカーの事はイマイチ良く判らんのですが(爆)、
とにかく「安さ」で選んだ一品( ´∀`)。
1セットで約4万円です☆
メーカー名は「ikon(アイコン)」。
(以前は「KONI」というメーカー名だったらしい)

スポスタは全体的にケツ下がりな印象を受けるので、
少しでもケツが上がればなぁと思い、
ノーマル長よりも1インチ長いサスへ交換。
足付きが悪くなる事は覚悟してたんですが、
そんなに変化しなかったんで嬉しい誤算ですわ。
リザーバータンクの無いシンプルなスタイルでイイ感じ♪
バネが黒ってゆーのもポイント高いですなぁ(´ー`)。

乗った時の感想・・・、
ワシの腕では違いが判りません(爆)。

ハンドルバーもピカピカです♪

ノーマルの黒から、
デイトナのコンフォートハンドル95タイプへ
交換してみますた(・∀・)。
メーカーのコメントは、
「広めで手前の楽チンポジション」。
本当にそのコメント通りで、
ワシにジャストフィットの
ポジションになっちゃいますた♪(*´∀`)。


ミラーもゴージャスにピカピカにしますた(・∀・)。
かなりハーレーって感じがします(笑)。
映り込みがタマりません(´Д`*)ハァハァ。
・・・とまぁ感想はこんな感じなんですが、
交換した一番の目的は、
ステーの短い物にして振動を軽減させ、
少しでも後方を確認し易くしよう! です(笑)。
結果、このミラー交換はかなりアタリです。
さすがメーカー純正品☆
伊達に'03以降のラインアップに
採用されてる訳じゃありませんな。
ウェイト装着よりも、ミラー交換の方が
効果は大きいカモ ですな(爆)。

装着したのはだいぶ前だけど、
その他にも色々変わってたりするのでご紹介♪(笑)。

一つ目は、積載能力が乏しいスポーツスターに是非とも
装着したかった超お気に入りのラゲッジ・キャリアです。
まず、このキャリアの存在を知ったのは、
「アイ・ラブ・スポーツスター Vol.3」の39Pを見た時(・∀・)。
その後、どーしてもこのキャリアが欲しくて、
ショップに聞いたり、そのページに載ってたショップへ
質問メールを送ったりと手を尽くしたんですが、
結局手がかりは得られませんでした(・ω・`)。
で、半ば諦めかけていたら、
運良くヤフオクに出品されているのを発見☆
気合で落札した訳であります(笑)。
でも購入後、このキャリアを販売してるメーカーを発見!
気になる方はHPへGo! → 【エス・プロジェクト

二つ目は、泊まりのロングツーリング時には
必ず欲しくなる、ネット類を引っ掛ける為の
荷掛けボルトです。

リアサスの上端にジョッキー製の
「超大型バンジーボルト」。
リアフェンダーステーにキジマ製の
「荷掛ボルト ビックフックタイプ」。
(↑コレは最近出たパーツらしい)
どちらもコードやフックが外れない様にする為の
頭の部分がデカく、ハーレーの振動でも(笑)
安心して走行が可能です( ´∀`)。
まぁ見た目がスマートじゃ無く、
非常に目に付いてしまうパーツですが、
荷物が落ちない安心感には変えられないし、
基本はツーリング仕様を目指してるので、
コレで良いのです、ハイ(・∀・;)。

ウィンカーも充分役に立つんですけどね(爆)。

三つ目は、車体左側シート横に装着した、
デグナーとクラブ・ハーレーのコラボレーション品である
「CHオリジナル サドル・バッグ スモール・サイズ」

RFのような小物入れが無いのはもちろんの事、
国産ネイキッドの様なシート下収納スペースも無い
ハーレーのスポーツスター・・・(´Д`;)。
車載工具さえ車載できないアリサマだったので、
お洒落なサドルバッグを探しました。
そして見つけたのがこのサドルバッグ♪
A4サイズの雑誌類が折らずに収納可能で、バッグの
開け閉めがメチャし易いのがポイント高いです。
そして一万円を切る価格設定!(定価\9,975)
ハッキリ言って、
この低価格が一番の決め手ですな(笑)。
(本革だと4〜5万するからね(´Д`;))
今はこれに工具入れてツーリングに行ってます☆

四つ目は、
キジマ製のニーグリップバー クロームメッキ仕上げ♪
左のニーグリップが出来ないスポスタには
必須アイテム・・・かな。
右カーブ時に車体の倒し込みがし易くなります。
んでもって、そのままの状態ではパーツが
非常に熱くなるので、バンダナでガード(・∀・)。
ハーレーカラーのオレンジでグルグル巻き☆
他に、ワイヤーロックでヘルメットを車体へ付けとく時に、
このニーグリップバーが使えるので
駐車時も意外と使えるパーツだったりします。


■ Harley−Davidson XL1200S (2005年4月2日 デイトナCOZYシートに交換☆)

ノーマルシートは、どーも尻下がりで
シックリこなかったので、ケツが上がり気味で
座面が広い「デイトナCOZYシート」に交換してみた。
表皮は【プレーン、ディンプルメッシュ、ロール】の3種から、
RF900R ファイナルエディションのジェルシートに酷似している
ディンプルメッシュを(・∀・)チョイス!!!!
ジーンズで跨った感じ、全然滑らないです♪
左の2枚の画像からも判る通り、スタイル的には
かなり野暮ったいです(´Д`;)。
でもやぱし座った時が重要なので、
ソコは我慢ですかねぇ・・・(´ー`)。
交換後まだ走ってないので、感想は後日
追記したいと思いますです( ´∀`)。
・・・次はリアキャリアの装着かなぁ♪


■ Harley−Davidson XL1200S (2005年3月19日 クラッチ&ブレーキレバーの交換とMRCクラッチの装着)

左の写真がドノーマルのレバー・・・。(写真はブレーキレバー)
レバーの位置が遠く、レバーそのものがめっちゃ太いので、
手が小さめなワシにとって、重さも兼ね備えたクラッチの
操作はハッキリ言って拷問でしたヽ(`Д´;)ノ テ イテェーヨ!。
そんな気分でバイク乗ってても楽しくないので、
ソッコーで細身のクラッチ&ブレーキレバーに交換☆
ついでに、クラッチの重さも解消してくれるとゆー、
ショップお勧めの「MRCクラッチ」も付けてみますた(・∀・)。

んで、下の2枚が交換後のレバー。
レバーは、キジマ製の「スリムレバー トワイライトメッキ ベアリング付」(・∀・)。
ピッカ☆ピカで非常に(・∀・)イイッ!! ワシも見事に写りこんでます(笑)。
でもって、ノーマルよりかなりレバーが細くなってるから、凄ぇ握りやすいッス♪
Fブレーキなんか交換前は4本の指でクソ握りしてたのに、
交換後は人さし指と中指でチョイチョイッ♪てな具合ですよ(笑)。
いや〜、レバーの交換だけでココまでフィーリングが変わるとは、
ノーマルレバーの駄目さ加減が非常に判りますなぁ・・・(;´∀`)(爆)。
あとは、ショップのお勧めで交換した「MRCクラッチ」。
コレ凄すぎです(;゚д゚)。交換前が握力を鍛える器具【ハンドグリップ】だとすれば、
交換後はちょっと固めのバネが付いたバネ付きニッパー・・・ってな感じですかねぇ(笑)。
ぃゃまぁ、実際にはそんなに軽くはなってないだろうけど、交換直後はマジそう感じました(゚∀゚ )。
とにかく、MRCクラッチへの交換の効果は絶大です(゚∀゚*)ウヒヒ----!!!!
あと、ハンドルの振動を軽減し、ミラーを使えるものにする為に(笑)、
ミスミ製の「バーエンドウェイト」を装着しました( ´∀`)。
こちらの効果は・・・・・び 微妙(´Д`;)。
付けて無い時と比べれば振動は減ってると思うんだけど、
ワシの「ミラーを使えるものに」という目的は達成できませんでした(つд`)シクシク。
この問題については、ステーの短いミラーに交換して対応する予定ナリ。
振動軽減の効果はあんまりだったけど(爆)、見た目がナイスだからヨシとします(笑)。


■ Harley−Davidson XL1200S (2005年2月27日 納車)

ハーレーダビッドソンのXL1200S・・・スポーツスター1200Sです(2002年モデル)。
RFの乗車姿勢に限界を感じ始め、「こんな具合じゃぁ乗り換えもアリだなぁ」と思った時、 雑誌を眺めていて目に止まったのがハーレーのスポーツスター。 もともとVツインにはかなり興味があり、 乗り換えを意識する前から「次乗るならVツインかパラツインだな」と考えてはいました(;゚ω゚)。 そして掲示板で「乗り換えるカモ」という書き込みをしながら、バイクの物色を開始しますた(笑)。 “GooBike”や“BIKEGUIDE”で検索!他にボンネビルやW650なども一緒に探したんですが、 何故かこのバイクがイチバン目に止まりましたな(*゚∀゚)。 んで、とにかく一度現物を見たい☆ と思い車輌を販売しているお店まで 足を運びました・・・ハイ、三重県桑名市まで(´Д`;)トオイヨ。 1月下旬、アテンザでショップまで行きバイクをジロジロ眺める(゚д゚≡゚д゚)。 '02モデルだから、結構サビとか出てるかな〜と心配してたんですが、 想像より遥かに綺麗なバイクで、跨って3分くらい悩んだ後 アヘ(゚∀゚*)アヘ な気分で契約書にサインしてますた(爆)。 走行距離4000kmの中古車のくせに、ワシが今まで買った新車(RF900、X4)よりも高額です・・・(つд`)タケーヨ。

やぱしバイクは斜め後ろから撮るのがカコ(・∀・)エエね♪

納車の日、そのショップからワシの家まで
約200kmを走ったんですが、
噂には聞いてたけど、
マジヤバイ・・・凄杉、この振動ヽ(´Д`;)ノ。
高速道路を100km/h以上で走ろうものなら、
ミラーに移る車の車種は愚か、
ブレ過ぎで1台しか居ない普通車が
4〜5台居るよーにも見えたりします♪(;´∀`)。
そーゆー意味も含めて、
カッ飛ばしたくなるバイクじゃないので、
免許の方は少し安全になったカモ(笑)。

まだ1日乗っただけなのに、
イジリたい箇所は既に多数(´Д`;)。
・クラッチ&ブレーキレバーの交換
・ブレーキ&シフトペダルの交換
・ハンドルの振動を緩和するウェイトの装着
・幅&厚みのあるシートへの交換
・もう少しワイド&アップなハンドルへの交換

等々、物欲もかなりヤバ目です(爆)。
とにもかくにも、クラッチ&ブレーキレバーは
ソッコーで交換したいだすなぁ(´ー`)エヘ。
後は、サドルバッグとか工具入れとか、
便利アイテムをちょこちょこ付けて
いきたいダス〜ヾ( ゚д゚)人( ゚д゚)人( ゚д゚)ノ゙